<< 鶏の手羽中サッと焼き | main | スペアリブと大根のスープ煮 辛みそがミソ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

イワシのフライ 骨せんべい付

お刺身用のイワシが売っているとつい買いたくなる青魚好きな私。今日も買ってしまったのだが、ん?なんかピチピチ感が足りない。んもぉ。サヨウナラお刺身くん。イワシの刺身はピチピチじゃないとね!ってことで、火を通すことに。ひしこイワシなら即てんぷらだけど、これは大きめマイワシなので、フライにしよぉ。iwashi fry

おお、ビッグなのができちった。かぶりつかねば。半分に切ればよかったノネ。でも、まぁ一応は刺身用だけあって臭みもなく美味。





一匹はマスタード風味、一匹はにんにく風味・・・にんにく風味に1票かな、まっ、たまにはいいかも。・・・骨せんべいがウマッ。

↓↓イワシのフライレシピ↓↓
.ぅ錺靴呂Δ蹐海鰺遒箸掘頭も落とし、腹を開いてハラワタをだし、水洗いをして、背骨部分の血合いなども洗う。ペーパーなどで水気を取る。
腹側から親指を入れて背骨に沿って身をはがし手開きにする。
背骨をひっぱって取り除き、腹骨は包丁でそぎ取る。
*背骨を骨せんべいにする時は洗って水気を取っておく。
▲ぅ錺靴禄萢ができたら、軽く両面に、塩コショウ。
1尾は皮目に粒マスタードを塗る。もう1尾は両面ににんにくのマッシャーしたもの(つぶして刻む)を塗る。
ぅぅ錺靴坊擇小麦粉をつけ、卵液をつけてから、パン粉をたっぷりつける。
ネ箸果を中温にして、イワシのフライをカラっと揚げる。火が通りやすいので揚げすぎに注意。背骨は小麦粉を軽くつけて、中温→高温でカリっと揚げて塩コショウをふって骨せんべいに。
ν箸欧燭討縫譽皀鵑鬟ュっと絞り、好みでソース(とんかつソースとマヨネーズのブレンド)をかけていただく。
mitsuka * さかな・魚 * 22:31 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:31 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ
/