<< 根菜のシャキシャキ☆パリパリサラダ | main | たっぷり具沢山のチャプチェ(雑菜) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

阿宗麺線風 鶏と魚介系スープのヌードル

寒い・・・それで恋しくなったのが、トロリスープのヌードル。トロリスープと言えば、忘れらないのが、去年の夏に行った台北で食した人気店「阿宗麺線」のヌードル(←過去記事台湾リポート)!!!麺線とは、日本のお素麺のような細い麺で色はそば茶色の台湾の麺。たまたま、この間中華街で麺線をゲットしていたのでこの麺を使って、阿宗麺線の味を再現TRY!!
スープのベースは豚の大腸という事だったけど、鰹節の風味が印象的だったので、うちでは鶏ガラ系スープ鶏もも肉を煮込み、鰹節さばの削りぶしのダシをブレンドして、台湾醤油と黒酢、ニンニク、台湾ラー油などで調味。どーーーーーだっ。
阿宗麺のまねっこ鶏と鰹のスープで
わーい!
これは、我ながら合格!
鶏ダシを充分に感じながら魚介の風味、そしてほんのかすかな酸味がいい。
細いがトロ〜リコクある濃厚スープに絡んで、ん〜まい。 とろみスープハフハフ〜で、体もあたたまるぅ。
麺線ではなくて、お素麺細めのうどんでもいけそうなスープですっ。お夜食にも!

==お買い物==
鰹ぶしで取ったダシが美味しいのはモチロンですが、サバ節の香りが加わると、グググっと美味しいお出汁に♪サバ節が含まれた混合削りぶしで、そばつゆ、うどんつゆ、お味噌汁もグレードアップ。ちなみにうちのお味噌汁はイリコだし+混合削りぶし。

手軽に本格的な”だし”がとれる!『鰹ふりだし 30包パック』鰹節・鯖節・椎茸・昆布を使用! 手軽に本格的な”だし”鰹節・鯖節・椎茸・昆布を使用!
そばだし厚削り(さば節&宗田節)420g 厚削り(さば節&宗田節)420g


↓↓阿宗麺線風 鶏と魚貝系スープのヌードルレシピ↓↓
〃椶らスープに、ニンニク1個、鶏もも肉の細切りをいれて煮る。
∧未瞭蕕某紂∈合削り節(サバ削りぶし)+ダシ用鰹ぶしをいれ、煮たて、沸騰したら火を切り、3分おいてから、漉す。
,豊△離瀬靴鬟屮譽鵐鼻ニンニクは取り出す。塩、台湾醤油(普通の醤油でもOK)少々、酒少々、砂糖、黒酢少々、白胡椒多めで調味。
た緲呂片栗粉でゆるくとろみをつける。
ナ牝蕕婆誉(そうめん、うどんでも)を茹で、スープにいれて少々煮込む。*阿宗麺線は、日本ではゆですぎ?と感じるほどにくたくたな麺の茹で具合、麺をすするというよりは、れんげでスープごとハフハフ頂く感じでした。その辺はお好みで。
β耋僖蕁写、好みで香菜をそえて、熱々ふーふーどうぞ。
mitsuka * 麺類・パスタ * 09:54 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:54 * - * -

コメント

Mitsukaさん、

はじめまして。いつも綺麗な画像と美味しそうなお料理、1年前からほぼ毎日楽しみに拝見させていただいています。本当にお料理上手ですね!料理研究家さんよりすごい・・・。

私も、以前吉祥寺&三鷹に9年住み、八王子で働いていたので鵜飼リゾートとか、高山なおみさんとか、ローカルなネタについ、反応してしまいます。

それから、鰹ふりだし、私も5年くらい前から愛用しています(静岡出身なのです)。嬉しい偶然♪ 一昨年より夫の都合でマンチェスター(イギリス)に住んでいるのですが、母親に送ってもらってこちらでも使っています(^^);
一度美味しいの使うと、やめられないですよね。

mitsukaさんのレシピ楽しみにしていますので、これからも頑張ってください。では!
Comment by tomoko @ 2006/01/25 8:40 AM
tomoko さん
はじめまして、ようこそ〜★
コメントどうもありがとうございます。
それにしても、マンチェスター在住なんてス・テ・キです〜。
一度、海外に住んでみたい私にとっては、羨望ーデス。
珍しい食べ物などもあったりするんでしょうねぇ・・・って食いしん坊なもので、ついつい、食べ物に発想がいきます(笑)
そして、ローカルネタをご理解いただき、嬉しい限り♪しかも偶然なことに、今週末ウカイリゾートを予約してるんです〜写真がうまく取れたら、また載せちゃうかも♪

嬉しいコメント励みになりますので、
またどうぞお気軽に遊びにいらして下さいね!!
Comment by mitsuka @ 2006/01/25 4:39 PM
しつこくまた出没です(笑)。
イギリスは、エスニック&スパイシー好きなら楽しい国。インド料理は競争が激しいせいか美味しい店は日本より美味しいです(じゅるる)。ギリシャ料理やアラブ系も多く、癖のある料理もありますが(私は羊やフェタチーズが大好きなので涎が出そう)、茄子(ムサカとか前菜のペースト)や豆の料理(コロッケとか)などはとっつき易いと思います。ロンドンの洗練されたレバノン料理屋など、東京にはない雰囲気でお洒落だし♪。
スーパーでどこでも売ってる“タラモサラダ”(じゃがいも使ってないみたい。もっとトロっとしてて後引く味)や“フマス”(ひよこ豆、ゴマペースト、にんにく、オリーブオイル、レモン汁、あと何かな?のペースト)をかりっと暖めた平たいパンにつけて食べるのが大好きでした。
和食はまだまだですが、日本から食材送って貰って家で作れるなら、ヨーロッパの食材が豊富で安くて勉強になるし、英国は言われるほどひどい食環境じゃないと思います。でも和食、韓国、アジアンは日本にいた方が楽しめるな、って近いから当たり前ですが。あーフマス食べたい。作っちゃおうかな。

Comment by ねこ姉 @ 2006/01/26 9:30 AM
ねこの姉さん
おおお〜、イギリス食情報詳しくありがとうございます。
ひょっとして在住経験お有りとか?
グルメ番組よりリアルですぅうううう。ワクワク。
私も一度だけイギリスは旅行したことあるんですけど、
そうそう、食べ物に関してはなんだか悪評が一般的なのに、
私はとっても美味しかった記憶があります。
お店選びがラッキーだったのかもしれませんけど。
それにしても、レバノン料理惹かれます〜☆未知ですー。
それにフマス!!ひゃー、ねこの姉さんが作ったら出前してもらいたいっ。材料を聞いただけで、ウマそ〜だにゃ〜ん。
Comment by mitsuka @ 2006/01/26 12:08 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ
/