<< ハムエッグベーグルとアボガドベーグル | main | 鰹のたたき たっぷり野菜と >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

夏野菜とゆばのピリドレ和え

夏野菜がぷりぷり出そろってきたので、いろんな種類をたっぷり食べよぉ〜。焼いて甘みを出した野菜をゴロゴロサイズに切って、今日は野菜のつなぎとして、贅沢にとろーり生湯葉〜。
夏野菜とゆばのピリ和え















肉厚なものが多い夏野菜は一口噛むごとにいろいろ美味が広がるぅ!!ピリっとドレッシングが野菜の甘みを引き立てて美味。時折、とろーり生湯葉が絡んでこれまたおっいしー。

==お買い物==
夏になると食べなくなる冷やした生湯葉!そのままでももちろん美味しい。

料亭ご用達の生ゆば!送料無料】

★夏野菜とゆばのピリ和えのレシピ↓
.坤奪ーニは輪切り、赤ピーマン(ORパプリカ)は半分に切って種を除き、オクラは洗って産毛をとったものをゴマ油と軽く塩であえてから網焼きORグリルパンで焼く。
焼けたら適当な大きさに切って、熱いうちに酢をあえておき、食べるまで冷蔵庫で冷やす。
△ゅうりは皮をところどころ剥き、厚めの輪切りにして塩をふっておく。水気を絞る。
シソは千切り。水に放ちキッチンペーパーで硬く絞る。
せ膓未佑は薄くスライスし、水に放ち、キッチンペーパーで硬く絞る。
シ椶里気気澆呂罎任禿鬚涼罎任気泙掘適当にさいておく。
食べる直前に野菜を全部まぜあわせ、ドレッシング(豆板醤、卸しょうが、砂糖、酢、醤油、塩をあわせてよくまぜ、最後にごま油をいれてよく混ぜたもの)
をかけていただく。具が大きいのでできれば手でまぜあわせたほうがよくなじむ。

mitsuka * お野菜 * 16:32 * comments(11) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:32 * - * -

コメント

夏野菜って素晴らしいんだけど、つい似たような食べ方になりが
ちですよね!あと、どうしてもちょっとずつ残りがち。だから
こういうレシピはすごい助かります。オクラって、茹でて刻むかインド料理のアレンジで炒めてカレー味とかにしがちですが、
網焼きという手は新鮮です。さすがですね。

これはビールのつまみにもなりそうだし、あとお魚でも焼けば
ボリュームのあるサラダ兼副菜って感じだし。ピリ辛味も好み。

Comment by ねこ姉 @ 2007/07/13 1:44 PM
★ねこの姉さん
こんにちわー。
そうそう夏野菜って少しづつ残りがちですよねー
夏野菜と言えばやっぱりラタトィユを作る頻度が多いですが、
それをつくったあとに、
ズッキーニとかオクラが少しづつ残ったりします^^
オクラのカレー味!そういえばオクラとトマトのカレーは
大好きですが、
もっと簡単にオクラをカレー味にしてもいいんですね、なるほど〜。
ホントいつもながら勉強になりますぅー!



Comment by mitsuka @ 2007/07/14 11:29 PM
いつも仕事終業間際に拝見して、よだれが出そうです。
料理素人なもので、お願いが。。。
もし、可能なら、ドレッシングの配合も大体でよいので教えていただけませんか? 舐めながら、自分で整えた方がいいなしら・・・
Comment by Seiko @ 2007/07/18 3:55 PM
★Seikoさん
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。
Seikoさんのお目にとまって光栄です^^!!
このドレッシングはこの和え物に限らず、
いろんなサラダにあうので大体いつもうちで常備しているものなんです。
だからぜひ作ってみてくださいね!・・と言いつつ、
いつも瓶にたっぷり作っていますので、
瓶での配合を一応書いてみますが、ホントに超テキトーなのでむずかし〜^^、その日の感覚でも違うし・・・
ぜひ舐め舐めして好みの味に変えてくださいね。

****ドレッシング用の瓶に作るときの配合
・おろし生姜 大匙1
・豆板醤   大匙1(これはホントに好みで加減)
・砂糖    大匙2/3
・塩     小匙1
・酢     3センチ
・醤油    3センチ
以上をよくしゃかしゃか振ってよくあわせてから
・ごま油   2センチ
・いりゴマ少々


Comment by mitsuka @ 2007/07/20 10:14 AM
湯葉はどのようにして入れるのですか
宜しくお願いします
Comment by 63さいおばあちゃん @ 2007/07/24 9:08 AM
湯葉はどのようにして入れるのですか
宜しくお願いします
Comment by 63さいおばあちゃん @ 2007/07/24 9:08 AM
★63さいおばあちゃんさん
はじめまして、コメントどうもありがとうございます。
私は、お刺身でも食べられる生湯葉を使ったので
そのまま、手でさいて入れました。
もし乾燥湯葉の場合は袋に戻し方が書いてあると思うので
表示どおりやわらかくして切ってから入れたほうがよいと思います。
あと、中国湯葉の場合は、もどして茹でるか
薄いダシで煮てからのほうがいいと思いますが
食感はまるで違うので、もしトロリンがよろしいようなら
お刺身用のくみ上げ湯葉をそのまま裂いていれるのがお勧めです!
Comment by mitsuka @ 2007/07/24 2:23 PM
丁寧に教えていただき有難うございました。昨日の朝早く世田谷喜多見にあるお豆腐やさんで作りたての湯葉を買ってきました。お刺身ばかりでわつまらないので検索いたしました。貴女にあえてよかったです。これからも見せてくださいね。
Comment by 63歳おばあちゃん @ 2007/07/25 7:22 AM
丁寧に教えていただき有難うございました。昨日の朝早く世田谷喜多見にあるお豆腐やさんで作りたての湯葉を買ってきました。お刺身ばかりでわつまらないので検索いたしました。貴女にあえてよかったです。これからも見せてくださいね。
Comment by 63歳おばあちゃん @ 2007/07/25 7:22 AM
丁寧に教えていただき有難うございました。昨日の朝早く世田谷喜多見にあるお豆腐やさんで作りたての湯葉を買ってきました。お刺身ばかりでわつまらないので検索いたしました。貴女にあえてよかったです。これからも見せてくださいね。
Comment by 63歳おばあちゃん @ 2007/07/25 7:22 AM
★63歳おばあちゃんさん
こちらこそ、ご飯がまってるに遊びに来て頂いて
本当に光栄です。
それにしても喜多見にあるお豆腐屋さんの
作りたての湯葉なんて本当に美味しそうですね。
やはりお刺身で頂くのが一番贅沢で美味しそうですが、
確かにたまにはこういったお野菜とあわせていただくのも
おつな感じです。
では、よろしかったらまたぜひお寄りくださいね。
Comment by mitsuka @ 2007/07/28 11:15 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ
/